脱毛の種類は?

むだ毛の脱毛方法にも色々ありますが、その中でもニードル法は永久脱毛効果が特に高い処理方法だと思われます。
現在は脱毛クリニックなどの医療機関もしくは一部の脱毛サロンのミュゼでしか受けることが出来ない施術です。
強い痛みを伴うので、レーザー脱毛の方が人気はあるようですが、その効果の高さ故に、あえてこの方法での施術を選ぶ人も少なくないようです。
医療でも使われるレーザーで永久脱毛をすると、目立つむだ毛もほとんど気にならなくなります。
しかし、一旦永久脱毛の施術を受けても、半年から一年ほど経つと、産毛が生えてくる場合があります。
目立つむだ毛が無くなっても、どうしても産毛が少し残ってしまうのが現状のようですが、固い毛ではないので、誰でも簡単にお手入れができます。
全身のムダ毛の中でも産毛みたいに薄くて細い毛にはニードル脱毛が最適です。
光脱毛は黒に反応するので、濃い太い毛には効果が出やすいのですが、産毛にはあまり効果が強くありません。
だけど、ニードル脱毛なら産毛でもきちんと脱毛を施すことが可能です。
多数の脱毛サロンで採用されて定評のある脱毛方法が光の照射を利用した光脱毛です。
光脱毛とは、特定の波長を有する光を瞬間照射することで光の有する熱エネルギーが毛根の黒い色素に吸収され、脱毛させる脱毛方法のことです。
今までの脱毛法より、痛みや肌へのダメージが少ない脱毛方法として評判です。
光脱毛の施術を受けた後にひんやりジェルなどで肌を冷やしてはくれますが、当日は少々の赤みがみられる場合があります。
特に夏に施術した場合は赤みがみられるケースが増えるように感じます。
そういう時は自ら冷却タオルで冷やしたりして赤みを抑える処置をしています。